朝日新聞阪神支局で黙祷 襲撃31年 記者の冥福祈る(18/05/04)

フリマハッカー

朝日新聞阪神支局が襲撃された事件から31年が経ち、3日夜、事件が起きた時間に関係者らが犠牲になった記者の冥福を祈りました。 事件が起きた午後8時15分、朝日新聞の関係者らが兵庫県西宮市の阪神支局で黙祷(もくとう)を捧げました。
・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから!
[テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/