結婚資金の貯金術!パートナーと一緒に実践したいお金の貯め方

フリマハッカー

,#結婚資金の貯金術!パートナーと一緒に実践したいお金の貯め方
結婚資金の貯金術!パートナーと一緒に実践したいお金の貯め方

付き合ってから数年が経つと「そろそろ彼と結婚したいな」と、思い始めますよね。ですが「一緒に暮らして生活」する「結婚式を挙げる」ためには、先立つお金が必要になってきますよね。
恋人同士2人3脚で結婚に向けたお金を効率良く貯めていくには、どうすればいいのでしょうか?
そこで、「お金を貯め始める前にする準備」と、世の中の夫婦が「恋人時代にやっていた結婚資金を貯めた方法」を紹介します。
目次
自分たちの口座にそれぞれ結婚資金を貯めていくスタイルもいいのですが、一緒に貯めていくならパートナーから「お金の信用」も得たいものです。結婚をしてずっと支え合いながら暮らしていくためには信頼が1番大切です。
どうすれば「お金の信用」も一緒に得られる結婚資金の貯め方が出来るのでしょうか?
結婚をする時に「婚姻届けを提出するだけ」ならかかる出費は0円で済みますが、主に以下の項目に大きなお金が必要になります。
結婚をしてからかかるお金
・結婚式の費用
・新婚旅行の費用
・新居の購入or賃貸(引っ越し)費用
「結婚式を挙げない」「新婚旅行にも行かない」ことで、大幅に費用を抑えることも出来ますが、あまりにも資金がない状態で結婚をすると将来も不安ですよね。
そこでまずは「結婚式や旅行をやる・やらない」は別にして、2人で貯めていくお金の目標金額を決めましょう。2人で見据えるゴールであり、結婚生活のスタートを決めておくことで、モチベーションを保つことが出来ます。
結婚する時に貯めておきたい目標金額を決めたら、2人で管理する口座を1つ作りましょう。
結婚資金用の口座を作るメリット
・いくら貯まったのかひと目で分かる
・お互いにお金に関しての信用が生まれる
「今まで自分が貯めていたお金」と「結婚資金」を一緒に貯めていると「何のお金がいくら貯まった」のか分かりにくく、大きな出費があった時に口座残高を見て「まだこれだけお金がある!」と、勘違いして結婚資金にまで手をつける可能性があります。
また、2人のお金を1つの口座に貯めておき、毎月記帳した通帳をパートナーに見せることで「勝手に将来のお金に手をつけない」というお金の信用も生まれます。
結婚してからも恋人時代と変わらず生活していくには「お互いの信用」が大事になってきます。