ネットビジネス民は自らの仕事を誇れ。時代を切り開く仕事だ。

フリマハッカー

◆超役立つ有料限定動画はこちら!→https://sscconsulting.jimdo.com/
先日北海道博物館に行ってきて、これは札幌市民ならば子供の頃から何度も行かされる場所ではあるんですが、改めて行ってきまして、研修としてね。

僕って屯田兵の子孫なんですが、やっぱりみんな150年前に何しに北海道に来たかというと、基本的に自分の土地をゲットしに来たわけですね。

それまでの社会ではまず地主がいて、農民は地主の下で小作農として働いていて、財産なんて何もなかった。
でも北海道を開墾したら開墾した分だけ私有財産にしていいっていう事でね、それでみんな来たわけですよ。

でもきっと小作農としてずっと地主の下で働き続ける人もいたはずです。そしてやはりどんな人間でも自分が生きている事に意味を見出したいし、自分がやっている事に素晴らしさを感じたいので、
当然小作農としての美意識があったと思うし、それなりの誇りがあったわけです。

でも時代の流れが変わる時は、それは美徳じゃなくなるわけですね。

一生懸命頑張る事は確かに美徳なんだけども、じゃあ北海道開墾したら私有財産にしてやるわと、お前ら地主になっていいからと、そういう時代になった時に、
「小作には小作の生き方があるから。地主を目指すなんてダメだ。金持ちを目指すなんてダメだ」って言って北海道いかないのは、それはもう美徳じゃないんですよ。

そして今もまたそういう時代になってるんだと思います。
ネットビジネスで頑張っている僕らって、みんな屯田兵なんです。

ネットで稼ぐなんてズルいとかなんだとかさ、時代遅れも甚だしいってことなんです。
我々ずっとサラリーマン、すなわち農奴・小作農で生きてきた。
しかし今は副業も基本的には解禁されて、小作しながら何か別の収入源を得るべき時代なんです。
こういう時代の流れの中であなたはいつまでも小作だけやり続けてていいの?ってことなんです。