不動産「情弱ビジネス」の危険性【不動産投資の実態】

フリマハッカー

↓↓↓ ぜひ、チャンネル登録をお願いします。 ↓↓↓
https://www.youtube.com/channel/UCNNpVadspj2vNF4JIGgTQKw
シェアハウス「かぼちゃの馬車」の運営会社スマートデイズと、そのオーナーへの融資を積極的に行ってきたスルガ銀行による、初心者オーナーに返済困難な負債を負わせるビジネスは、特殊な事例ではないと不動産関係者はいう。決して弱者ではなかったはずなのに、情報に疎かったことから窮地に追い込まれる不動産業界における「情弱ビジネス」の典型的な例。
今後は益々情報弱者が被害に遭う時代がやってくる。
不動産「情弱ビジネス」の危険性
「あんなの単なる情弱(情報弱者)狙いのビジネスですよ。あんな物件で年利6%なんてまともな投資家は買わない。貧乏人ではないが多少カネはある、余裕はあるという人たちが次のターゲットになっただけ」
 シェアハウス自体が「弱者」のために用意されたものであることは世間に知られるところとなっているが、そのオーナーも弱者ではないけれども、決して強者ではない。

◆ 関連動画 ◆